NEWS

小規模宅地等の特例とは?
  1. 新着情報
  2. 小規模宅地等の特例とは?

ご予約・お問い合わせ

06-6791-0724

06-6791-0724

2018/10/09

小規模宅地等の特例とは?

小規模宅地等の特例とは、被相続人の所有する居住用宅地や事業用宅地の評価を大きく下げれる制度です。

しかし、この特例を適用するためには様々な要件があります。

要件にあてはまる場合は必ず適用しないと過大に相続税を支払うことになりますので充分気を付けること、また居住用宅地や事業宅地など複数所有している場合はどれに小規模宅地等の特例を適用するかによって、相続税に大きく関係してきます。

以下のブログにて適用要件や、この場合には?というのを詳しく説明していますのでぜひご覧ください!

 

小規模宅地等の特例を受けるためには

老人ホームに入居した場合は、相続税の小規模宅地等の特例の適用要件である「同居」に該当するのでしょうか?

二世帯住宅の場合の「相続税の小規模宅地等の評価減の特例」の適用要件が緩和されます

 

戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top